ヘルニア予防に大切なこと

椎間板ヘルニアの諸症状について

臓器などの器官が、本来あるべき部位から脱した状態を「ヘルニア」と呼びますが、ヘルニアと聞いて多くの方がまず思い浮かべるのが「椎間板ヘルニア」だと思います。背骨の一つ一つの骨に間にあって、衝撃を吸収してくれる役割を持っているのが椎間板であり、それらが潰れて飛び出してしまうとこの椎間板ヘルニアが発症しまするのですが、椅子にすら座れなくなってしまう激しい腰痛が大きな特徴です。腰痛の他にも、下肢がビリビリと痛む・お尻から脚にかけて激痛が起こる・座った状態から立ち上がれない、身体を起こせないという症状が出る場合も多くみられます。ただの腰の痛みを、いつか治ると思って放置していたら椎間板ヘルニアになってしまった、という方も少なくありません。

 

椎間板ヘルニアにならないための予防策

椎間板ヘルニアの予防には、まず生活習慣を改善することが第一です。体重が重い方は減らすようにウェイトコントロールをしなければなりません。また、運動不足で筋力が衰えている方はウォーキングや簡単なエクササイズを続けることによって筋肉の機能を上げ、背骨から腰、骨盤にかかっている負担を極力減らすことを目指します。特に骨盤を支える腹筋・背筋を鍛えることは、腰痛を減らすうえで非常に重要です。そして前かがみ、腰を曲げるなどの腰に負担のかかる姿勢を長時間取り続けないことを心がけます。また、血流を良くして筋肉の緊張をほぐし、腰にかかる負担が減るように、常日頃から腰を温めておくことも予防策の一つです。