大腰筋が縮む原因を知ろう

「大腰筋」とは?

大腰筋は、人間の上半身と下半身を連結させる重要な筋肉です。背骨と骨盤を前側の正常な位置に固定させるため、また股関節や上体を曲げ伸ばしするために欠かせないもので、いわゆる「インナーマッスル」と呼ばれています。この筋肉は身体の内側に存在しているため、外から見てもどのような構造になっているのかは分かりません。つまり、この筋肉が衰えてしまったとしても、私達は腕の筋肉や腹筋などのように、目で見て確認するとが出来ないのです。この大腰筋が縮んでしまうと、上体を前に曲げておくはたらきが損なわれるので、背筋を伸ばす姿勢が辛くなってきます。背筋を伸ばしておけないということはつまり猫背になるということですが、この猫背が腰痛や神経痛を引き起こす原因ともなります。

大腰筋が縮む主な原因とは

大腰筋が縮むとさまざまな問題を引き起こしてしまいますが、その原因は第一に「生活習慣」によるもの。第二に、「運動」です。
第一の原因「生活習慣」に関しては、猫背や前傾姿勢や椅子に座っている時間が長時間に及ぶなどで、大腰筋が伸びない状態が長時間続くことです。意識的にあるいはお仕事などで正しい姿勢をとったり足を動かすことで、ある程度は防ぐとことが出来ます。
第二の原因「運動」については、過度な運動や運動不足によるものです。スポーツで大腰筋を使いすぎた場合や、移動時に乗り物を利用することが多くなり歩いたり階段を登ったり体を動かすことが少ない場合です。運動不足では、腰回りの筋力のバランスが崩れて、大腰筋の影響が大きくなり負担が集中してしまうのです。

大腰筋の収縮を解消するのは至難のワザ

太い筋肉であり、体の奥深くにあるインナーマッスルである大腰筋、マッサージやストレッチで縮んだ状態を伸ばすことは非常に難しい筋肉です。整体師やマッサージ師でも伸ばすのが困難と言われています。私も色々調べて試しましたが、他の筋肉のように自分自身で伸ばすことは全く出来ませんでした。
腰を沈ませ大腰筋の収縮がカバーする体圧分散タイプマットレス