楽しくストレッチをしよう

腰痛をこれ以上悪化させないために、自分で出来ること。それは「ストレッチ」です。整体やカイロプラクティックに行って身体の歪みを取るというのも一つの方法ですが、学校、オフィス、自宅などで手軽に予防できるストレッチなら、時間も手間もかかりませんのでお勧めです。今回は難しい動きは一切なく、また「床に寝る」という場所を選ぶような動作がない、楽しく続けられるものを紹介します。

 

ストレッチの5ステップ

・手は膝の上につけ、ゆっくり息をはきながら頭を下げるように、上半身を倒す。胸と膝がつくくらいで5秒キープ。ゆっくりと元に戻す。

・脚を組んで手を膝の上に置いたら、先ほどと同じ動作を行う。脚は左右両方行う。

・息を吸いながら、ゆっくり片足を抱え込み、そのまま5秒キープ。息をはきながらゆっくり戻す。左右交互の脚で行う。

・腰に手を当てて、息を吸いながら上半身をねじる。そのまま5秒キープ。息をはきながらゆっくり戻す。左右交互に行う。

・椅子の背もたれに掴まって足を前後にずらし、前足のひざは曲げ、後ろ足をゆっくり伸ばす。そのまま5秒キープ。左右交互の脚で行う。

 

簡単なストレッチで気分もリフレッシュ

「寝て行う」動作がないので、椅子や掴まるものがある場所ならどこででも出来るのが今回のストレッチの特徴です。基本的に、曲げる、ひねる、伸ばすなどの動きを呼吸と正しい姿勢で行うことがポイント。ずっと同じ姿勢でいて疲れた時などに、心と身体をリフレッシュさせるつもりでこのストレッチを試してみてはいかがでしょうか。