腰痛予防の方法

日頃からデスクに向かって黙々と作業することが多かったり、前に屈む・重いものを持ち上げるなどの動作を繰り返している方、または直立姿勢のままで腰の筋肉を使わない姿勢が日常化していると、腰痛を引き起こす要素になります。そこで、お仕事中に時間があいた時や、お昼休みの時間など、気がついたら意識的に腰の筋肉に刺激を入れるように動かし、背骨の運動を行うことで、背中と腰を鍛え腰痛を予防することができます。

 

腰の運動方法

まずは腰の運動として、腰の脇を伸ばしていきます。左右交互に伸ばしてみると、どちらかの筋肉がこわばっているか、もしくは両方とも突っ張るような感じがあるかもしれません。方法としてはまず椅子に座った状態で背筋を伸ばし、5~10秒下に傾きます。椅子から落ちるほど傾く必要はありませんが、腕が床に近づくくらいの距離を目安にします。デスクワークをしていたり、乗り物に乗る時間が多いと腰や背中が丸くなってしまう姿勢が必然的に多くなります。猫背になるにつれ、腰や背中の筋肉に負荷がかかり疲れやすくなるので、腰の運動に続けて背骨の運動を行います。

 

背骨の運動方法

背骨の運動はまず腹筋に力を入れます。腰のあたりが丸くなるような見た目と、背骨の関節が開いていくことを意識します。次にお腹に力を入れて凹ませるようにして、背筋をしっかりと伸ばします。これらの動作をゆっくりと数回にかけて繰り返します。この、腰と背中の運動を少しずつ積み重ねていくことによって、職業病としての腰痛を防ぐこともできますし、見た目にも美しい、きれいな姿勢へもつながります。