産後の腰痛について

原因として考えられる事①

産後の腰痛は男性にはない女性に特有のもの。その原因として、出産時に一度限界まで開かれた骨盤が出産後に元に戻る(閉じる)とき、座ったり寝たりなどの姿勢を続けていると重心が安定せず、歪みを生じたまま骨盤が閉じ、そのまま固定されます。歪みを生じたまま固定されれば当然、背骨への負担もかかってきますので、そのまま腰痛へとつながります。

 

原因として考えられる事②

第二の原因としては、出産後の身体は大量の女性ホルモンが分泌されますので、そのホルモンが骨盤を固定する筋肉である「靭帯」にはたらき、靭帯にゆるみが生じることによって骨盤が不安定になります。建物の基礎が傾いていればその上に建つ柱や壁も傾いて行くのと同様に、骨盤が不安定になることによって背骨や背筋への負担が増加、その結果として腰痛が引き起こされることになります。

 

産後の腰痛に備える

出産後に思わぬ腰痛を発症したら、子どもを産んだからだと安易に考えず、上記のように具体的な原因をしっかりと掴んでおく必要があります。一度歪みを生じたまま骨盤が固定されてしまうと、二度目や三度目の出産時に骨盤が開きにくくなり、通常よりも時間がかかって難産となるおそれもあります。そうならないための予防策として、日頃から姿勢よく立つことを心がけ、産後であっても座ったり寝たりの繰り返しではなく、しっかりと「歩く」ことを心がけたいものです。