体圧分散布団・マットレスで改善

私の寝起きの腰痛を解消した体圧分散タイプマットレス

雲のやすらぎ

目が覚めても、しばらくは起き上がれないほど辛かった私の腰痛を解消したのが、この体圧分散タイプのマットレスです。使い始めた初日から腰痛が消え、寝起きもスッキリ起き上れるようになりました。

ふんわりとした柔らかい寝心地のマットレスなので、腰が深く沈み込み足を少し曲げた楽な姿勢で寝ることが出来ます。柔らかい布団にありがちな、埋もれるような感覚でなく、広い範囲で体を支える感じなので寝返りもスムーズです。高級ホテルの良く出来たマットレスに近い寝心地です。

私が購入したのは「雲のやすらぎ」という製品でネットで購入しました。宿泊先のホテルでこのタイプのマットレスが使われていて、腰痛もなく快適だったのが切欠です。使い始めてもうすぐ2年になりますが、毎朝、腰痛に悩まされていたのがウソのようで、寝るのが楽しみになりました。

私の愛用している体圧分散タイプマットレス
 ⇒ 「浮圧敷布団 雲のやすらぎ

普通の寝具と体圧分散布団・マットレスの違い

夜、寝返りがうちにくくて眠れない・朝起きると腰が痛む・寝ているのに睡眠不足な感じがする、という方には体圧分散布団・体圧分散マットレスがおすすめです。体圧分散布団(マットレス)は、一見通常の寝具のような見た目のなかにウレタンという特殊素材が使用され、多くの突起によって身体そのものを支えます。通常の布団には人間の身体を支えるという機能はなく、それよりは「厚みを持たせた敷物」というイメージですので、寝具から身体に受ける圧力が分散されません。これによって、背中が痛んだり布団が固い感じがあったりと、寝具と一体化できず睡眠の質が低下することがあります。

 

正しい体圧分散寝具を選ぶ

人間はふつう、胸と腰の体幹部分に8割近くの体重がかかります。そのまま硬い寝具の上に寝ると、特定の場所のみに多くの体重がかかってしまいます。寝ているのに腰痛が起きたり、首が痛い、背中が痛いというような症状はこれらの原因によって引き起こされる場合が多く、また体圧を分散できない寝具は人間の身体を受け止めきれないため、自然な寝返りがうちにくいとされています。寝返りによって人間は蓄積した疲労や、身体の歪みを取り除くことを行いますが、それらが出来ないということは当然安眠も妨げられるということにほかなりません。体圧分散布団を使用することは、自分の重さによって身体にかかる負担と、寝具から受ける圧を適切に分散し、姿勢良く保ちながら睡眠するのに適しています。また姿勢が良くなれば血行の流れも良くなりますので、余計な場所がこったり、筋肉痛を起こしたりという睡眠時のトラブルも避けることができます。ただし、体圧分散布団は身体の重さを受け止め、圧を分散するという特性から、自分の体重や身長に合わせて厚みと大きさをよく考えて選ぶ必要があります。