布団・マットレスが合わないことへの対処法

寝ていて腰や背中が痛む、よく眠れない、寝ても寝た気がしない、寝て逆にストレスを感じてしまうなどの悩みは、使用しているベッドのマットレスが合わないことが考えられます。もちろんマットレスだけでなく枕の高さや沈みこみ具合が合わないことが原因であることも。

 

腰痛がひどいときのマットレス選び

すでに腰痛持ちの方は、寝れば寝るほど腰が痛む寝具を使い続けていると身体に負荷をかけるばかりになり、おすすめはできません。腰痛予防のための方法としては、まずマットレスを選び直すことから始めることが良いと思います。マットレスはそもそも、「身体を横たえるだけの敷物」のままでは寝返りがうちにくかったり、身体にかかる重さや圧力などのストレスを分散することができず安眠が出来ません。人間の身体は背骨によって支えられていますが、背骨は湾曲しているものなので、それらを寝ているあいだ適切に支えられるものであることが望ましいです。特に腰の骨「腰椎」は前方に湾曲しているので、寝ているあいだはマットレスとのあいだに隙間が生じます。この隙間をしっかりと埋めるためには薄くて反発力もない「せんべい布団」では不十分なので、低反発の素材や、カーブのつけられたマットレスを自身の身体に応じて選ぶことが重要です。

 

マットレスには寿命がある

一見気づきにくいものですが、マットレスはいつの間にか摩耗していたりスプリングが劣化していたり、あるいは凹んでしまったりと元の機能が徐々に失われていきます。なので、そうした消耗によって段々と身体に合わなくなってくることがあります。快眠のためには常に自分の身体の重さや体型に合ったマットレスを使うことが理想的なので、合わないなと思ったらやはり適度に厚みを持っていて、安心して横になれる固さ(柔らかさ)のマットレスに替えることが望ましいです。