クッションを上手に使って寝る方法

クッションを上手に使って寝る方法には主に腰に当てるものと、膝下に入れるものとの二種類があります。やはり布団にそのまま寝ていると、姿勢によっては腰や背中に負担をかけてしまうことがありますので、クッションのような柔らかく適度に反発力のあるものを使用して、快眠へとつなげていきたいものです。

 

腰に当てる方法

腰痛持ちの方は腰部分の背骨である腰椎の湾曲が大きい場合が多いため、骨盤の傾斜角度も大きくなっていることが多いものです。完全に腰の下にクッションを入れてしまうと腰椎がさらに前に押し出されるかたちになり、そりが大きくなるので、痛みが増すことがあります。クッションを入れる場合は腰よりもはみ出させ、かつ腰椎の湾曲とその下の布団の間にできる隙間を埋めるように滑り込ませます。苦しい体勢になります。クッションを逆にはみ出させると、睡眠時の寝返りの衝撃を緩和し、腰だけでなく背骨全体に負担がかかりにくくなります。身体の中でも特に腰部分は寝返りをうつと衝撃が強く伝わる部位ですので、ここにクッションがあるだけで無意識的に寝返りをうったとしても腰を痛めにくく安心です。

 

膝下に当てる方法

脚に使う場合は腰とは逆に枕くらいのサイズで、両脚が一緒にのせられるくらいの大きさのもの望ましいとされています。これを両膝の下に入れることによって、腰が沈み込みますので骨盤にかかる負荷を和らげ、血流が安定します。特に睡眠時は身体の機能がもっとも鈍くなる時間でもあるので、この時に血流を安定させておくことは健康を保つうえでも非常に重要です。横向きになって眠る場合には、脚の間に挟みこむことによって腰につながる股関節と膝関節へ余裕を持たせることができます。