横向きに正しく寝る方法

皆さんは、ふだん寝ている時はどんな姿勢を取っていますか。あお向け、うつ伏せ、横向きなど人によって楽な寝方は様々だと思いますが、今回は横向きになった場合の理想的な寝方について考えてみたいと思います。

 

横向きに寝る場合に大切なポイント

横向きになったときに、最も負担をかけてはならない身体の部位は首の骨(頸椎)です。この頸椎に負荷が多くかけられ、さらに姿勢が整っていないねじ曲がった状態で何時間も寝ると、頸椎の弾力機能が次第に損傷し、頸椎の下に続く脊椎・腰椎だけでなく筋肉や靭帯が過緊張を起こしますので、腰痛や背中を痛めてしまうおそれがあります。頸椎に負担をかけない寝方というのは、肩がおしつぶされない高さまで、首が高くなることが理想的とされています。頭よ

りも顎の方が高すぎる場合は枕が低すぎますし、頭が沈み込みすぎる枕を使っている場合も首が安定しないため、正しい寝方とはいえません。頭を少し高くして頸椎に負荷をかけないようにすることによって、肩の筋肉を余計に圧迫せず疲れにくい寝方で眠ることができます。

 

右向きと左向きではどちらが良いか

また、横向きには右と左それぞれを下にする寝方がありますが、理想的なのは右を下にする寝方です。左側を下にした場合、大きく重量もある肝臓が上になってしまうので、重力がはたらき他の内臓を圧迫します。また、心臓よりも高い位置に来てしまうため血液が心臓に流れ込みにくくなります。また、左右の脚は長時間重ねたままでいると静脈が圧迫されるので、上に来ているほうの左脚は身体の前側に出す(下ろす)と楽に眠ることができます。