睡眠時の正しい姿勢について

皆さんは普段、眠っている時の自分の姿勢というものを意識したことがあるでしょうか。今日は正しい睡眠時の姿勢について考えてみたいと思います。

 

どの姿勢で眠るのが理想的か

睡眠中は身体にかかる重力と長時間同じ姿勢でいることによる人体への負荷を考えて、あお向けで眠ることが最も理想的とされています。うつ伏せの場合は呼吸のため首を横に向けることになりますが、これは首の部分の骨が曲げられてしまい背骨が歪む原因に。横向きの場合、右側を下にして眠るか左を下にするかによって臓器にかかる負担が変わってきますが、どちらも骨盤に負担をかけてしまいます。

 

あお向けで正しく眠るために

あお向けになった状態で最も重力がかかる場所は背中やお尻(臀部)などの背面部で、その中でも上半身と下半身をつないでいる腰部はちょうど人体の折り目にあたる場所であり、自分の身体の重さと寝具から受ける「体圧」が両方かかってくるためもっとも負荷が高いとされています。次に、それらの負荷を分散するために重要なのは「寝返り」。この寝返りを睡眠中に自由にうつことができれば、重力によって受けるストレスを効率的に発散できるので快眠へとつなげることができます。寝返りというのは一種の体圧分散で、寝具・マットレスからかかってくる圧力を一点に受けすぎないようにする無意識的な工夫だと言われています。もしこの寝返りを自由にうつことが出来なければ、腰や背中が痛んで眠れない、もしくは起きてから痛む結果につながることがあります。さらに頭を肩の高さよりも高くして、首の骨である頚椎の湾曲をきれいに保っておくことも大切。頭と首を曲げずに眠ることによって首から下が姿勢よく保たれるので、無理な体勢にならずに楽に眠れます。