腰痛と寝不足の関係とは

夜寝ているあいだ、腰に痛みを感じて起きてしまうという経験をしたことはありますか。腰痛と寝不足の関係は無関係というわけではなく、実は骨盤とそれを支える筋肉が密接に関係しています。

 

寝ていて腰が痛い、から引き起こされる寝不足

横になり、安静にしている筈なのに腰が痛む。その結果色々な体勢を取らざるを得なくなり、腰は相変わらず痛いままでろくに眠れない…。腰痛持ちの方はそのような経験を少なからず持っていると思いますが、あお向けで眠る場合腰骨と布団(マットレス)との間にはわずかに隙間ができます。その部分には重力がかかりますので、腰痛を持っていない場合でも腰に痛みを感じることがあります。腰痛を持っている方ならさらに痛みは強く感じますので、あお向けで寝ている場合は常に腰部に負荷がかかることを意識しなければいけません。これを知らずにいると、痛みから逃げるために色々な姿勢を取り続けることになり、痛みと格闘し続けた結果寝不足になってしまいます。

 

起きたあとも腰が痛い、慢性的な腰痛の仕組み

上記とは逆に、睡眠不足にも腰痛は引き起こされます。不規則な生活を続けていて十分な睡眠時間が確保出来ていない場合、その分身体に疲労が蓄積します。この疲労物質は睡眠中の寝返りに顕著に現れ、疲れているときは普段よりも寝返りが少なくなります。もともと寝返りは筋肉、骨の歪みを取るために行う行動なので、ずっと同じ体勢を取りつづけることによって睡眠中にとれるはずの疲れがとれず、逆に腰に負荷を蓄積させたままになることも。一見何の関係もないように思える睡眠不足が腰痛へつながるケースも十分に考えられ、腰痛をしずめるために横になって寝る、しかし治らない…という悪循環に陥ってしまうことがあります。